今年度は全国ホープス選抜もコロナ禍で中止になるかどうかの瀬戸際だったと思います。そんな中6年2名・5年1名計3名(学年指定)の条件で行われることになりました。県代表選考も学年指定で4年・3年も一緒に行いました。

 

午後からは今年度2回目のホープス以下のランキング戦を行いました。やはりホープスでは1年や2年の経験では1勝することがとても大変です。そんな中、寺嶋恭平がやっとシート選手二人を破ってベスト8に入りました。何度かシート選手とフルセットで戦えてもう少しのところだったのでチャンスはあると思っていました。

カブの田中聖菜は今年は練習があまり出来ず、試合も集中ができていなくてあまり良い状態ではありませんでした。ただ、ベスト8で負けた最後の試合では少し集中できて、足を含めて身体全体が試合の緊張感を共有して動きがとても良かったと思います。これを機会に立ち直れると良いと思いますが、練習がちゃんとできていない状態では難しいかもしれません。