兵庫県の強化練習会を県とHGSが共同で行いました。

山田先生を中心に卓栄の山下コーチ・姫路卓研の山本コーチを招いての講習になりました。写真は岡本華望がバックからの切り替えが遅れている問題点の指摘を受けました。

腰を回し、腕(前腕)を伸ばして球を捕まえる方法が結果的にバックスイングが大きく遅れてしまって、連続フォアやバックへ早く返されたり、ミドルを責められたりすると間に合わなくて遅れてしまって下がる要因になっている指摘を受けました。

肘(上腕)や肩甲骨を引いて(ラケットを前に残す)球のところへラケットを伸ばして打ちながら元に戻る・・・(まるで猫パンチの如く)

修正が必要です。

 

午後からは地元の小中高生や県内のHGSを中心としたクラブチーム、姫路商業高校などのチームで上級・中級・初級・バンビに分かれて予選リーグを最初に行いました。

決勝リーグトーナメントは1部(上級1・2位、中級1位)の25名で3人リーグを行いそれぞれ1位トーナメント、2位・3位トーナメントを行いました。

2部は上級3位・中級2位・初級1位の20名でそれぞれのリーグトーナメント、3部は中級3位・初級2位・3位・バンビ1〜4位の計18人でそれぞれのリーグトーナメントを行いました。